About us

ミキバレエアカデミーでは現役・元東京バレエ団のダンサーが、海外留学や様々な舞台経験をいかして基礎をはじめ本格的なクラシックバレエを指導しています。

言葉だけでは言い表すことのできない繊細な動きや表現を目で見て感じて学んでいくことができます。
本物の動きを見せることができるのはプロとして踊ってきた私たちだからできること。

また生徒ひとりひとりの個性と不得意を見極め、体で感じる音楽性、豊かな表現力、相手を尊重する礼儀、そして何事もあきらめない心を大切に育てています。そしてバレエを通じて誰にも負けない「何か」を探し育てるお手伝いをしています。
その「何か」はきっと素晴らしい個性になり才能になり、大きな自信につながっていくはずです。

バレエスタジオのご案内

・体験見学について

無料見学・無料体験は随時行っています。
曜日によってご参加いただけないクラスもありますので、事前にご希望のクラスとお日にちをご連絡ください。
レオタードなどをお持ちでない場合は動きやすい恰好(Tシャツやレギンス)と靴下をお持ちください。小さいお子様はレオタードの貸し出しもしていますのでお声をおかけください。

・レッスン回数

どのクラスも週1回から受講可能です。
もちろん、回数が多いほうが上達が早いです。
ですが、ミキバレエアカデミーでは小学校に入ったからと言って週2回のレッスンを受けなければいけないという決まりはありません。
幼い子供1人で通うことが難しい場合もあるでしょうし、ほかの習い事やご家庭の都合もあると思います。
それに何より、生徒自身がバレエが楽しい!もっとレッスンがしたい!と思わなくては、私たちが週2回来なさいと言っても上達は見込めないと思います。レッスンにたくさん来ても楽しいと思えなければ、先生の声が届きにくいからです。
レッスン回数を増やすのは生徒や保護者様が週2回、週3回にしたいなと思っていただいてからで構いません。
※レッスン回数が少ないとポアントで立つための必要な足の筋力が足らずにケガ(足首や膝の捻挫、骨の湾曲など)をする場合もありす。そのためにポアントを履く時期をずらすこともあります。

・ポアントについて

基本的にBクラス(小4以上)になったらポアントを履いてレッスンしています。
ですが、生徒の足の筋肉や骨の成長やバレエのレベル、バレエを習っている年数によってポアントを履く時期をずらすこともあります。
早く履けば上達するかというものでもないので、その生徒にあった時期を見極めてポアントの練習を始めています。
初めてポアントを履くときにはバレエ専門店の方に来ていただき、講師も一緒に付き添ってフィッティングをして足に合ったものを選んでいます。

・発表会は?

発表会は毎年1回おこなっています。
目標を持ってもらうことが発表会の目的ですが、生徒たちが一生懸命がんばった成果を披露できる場所を少しでも多く提供したいと思っています。発表会が近くなるとスタジオより大きな場所で練習(リハーサル)をすることもありますが、発表会の振り付け等は各クラス内で行います。発表会費用は体験レッスンにお越しになって、ご入会の意思のある方にのみお伝えさせていただいています。大人クラスの方は自由参加です。

・発表会の保護者のお手伝いは?

 
 

各自、衣装のムシを縫うことはお願いしています。(縫い方はお教えしています)
それ以外の発表会当日のお手伝いは毎回交代で数名の方にお願いしています。
バレエのテクニックだけでなく、自立して行動することやお友達と協力して支えあうことなども発表会を通して学べることですので、保護者のお手伝いの人数は少なくしています。
保護者のお手伝い係り以外にバレエ団やミキバレエOBの方がお手伝いに来てくれています。バレエの発表会が初めての保護者には舞台を客席から観ていただき、発表会の流れを知っている保護者に本番当日のお手伝いをお願いしています。

お問い合わせ

無料体験レッスン・レッスン見学のお申し込みやご質問などありましたらお気軽にお問い合わせください。

Follow us

コピーしないでください
Scroll to Top