自由とKYの違い

最近、全く舞台がみてていません((+_+))
行こう行こうと思っている内に見逃している場合も多いのです

なので、何か観たいなと思って以前録画をしていたパリオペラ座のシンデレラをみました( ´ ▽ ` )ノ

Cinderella DVD Cover img
パリ・オペラ座バレエ「シンデレラ」(全3幕) [DVD] Amazonより

・゜゚・:.。..。.:・'(゚▽゚)’・:.。. .。.:・゜゚・

あれだけ自由に踊って、繊細で、しかも面白くて(#^.^#)
素敵な踊りをしながら、表情が豊か!
意地悪な姉達や義理の母のシーンでは笑えるところもたくさんあります

ミキバレエアカデミーではテクニックももちろんですが、自由に踊るという事も指導しています

バレエって結局、おしゃべりのないお芝居ですよね
テクニックだけだと、体操の様になりがちです
もちろんテクニックは大切
でも、どうしても私たちは演じる事や感情を表に出すことが苦手なので、テクニックだけになりがち💦

留学中も演技のクラスがありました
先生が持っているカードを引き、それに書かれている物を踊りで演じて他の生徒に当ててもらう・・・
他の生徒は恥ずかしながらも出来るのに、私たち日本人には本当に難しかった( ̄▽ ̄)
モジモジしてるのは見てる方も恥ずかしい (~_~;)

レッスン前後は私と一緒に騒いで遊ぶ子達が、レッスン中には尋ねても返事をしない、目をそらすなんて事もあるのでなぜレッスン中とレッスン前後で態度が違うのか聞いてみました

1人の生徒が少し考えて答えてくれました
「KYに見られたくないから」
???????~(・・?))

え、どういう事?
「先生に聞かれた事を答えて他の人(生徒)にKYに見られたくないから」
・・・・・(-。-; え、そうなの・・・・・

レッスンの時はそんなの考えなくっていいのに!!!

周りを気にする子達は優しい子が多いんでしょうね

本当は明るい子なのに、ほんとうは質問もたくさんあるのに、周りを気にしすぎて自分を出せない (T ^ T)

反対に幼稚園クラスや仲のいいクラスでは
「こーしたら?」
「どう思う?」
と聞くとドンドン意見が出てきて、
「ナルホドそういう考えもあったかΣ( ̄。 ̄ノ)ノ」
と驚くほどです

その想像を膨らませている間の生徒たちの楽しそうな顔 (o^^o)

その想像があるから演技ができ、また上達への道にもなるんですね

少しづつでいい、自分を出して欲しい
スタジオの中ではちょっとワガママでも、KYでも、いいじゃない?

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

新着記事

【公演】クラシックバレエコンサート 妖精の世界へ レ・シルフィード上演

ミキバレエアカデミークラシックバレエコンサート

詳細はこちらから

コピーしないでください
Scroll to Top