YES/NOで進む

困ったことややりたくないことは極力やりたくないヘタレな私です。

生徒には「とりあえずやる!」って言っていますが、
目の前のやりたくないことや困難にモゴモゴしてしまいます。
でも、それなりに大人なので(苦笑)やった方がいいことは分かってる。
ヘタレな私と大人の私の間でうろうろして疲れるほどです 苦笑

毎年やっている発表会ですら会場や日にち、作品を決めるときは
これが成功するのか、
生徒はちゃんとついてきてくれるかとグダグダ悩み
やらないことには生徒の笑顔もみれないし、生徒の成長もない。
毎レッスン頑張っている生徒の成果を披露するためにも舞台はしたい。
と、頭の中を右往左往

考えすぎると頭がつかれちゃうので、
無でYES・NOで答えを出していくようにしています。

舞台をしたい(YES/NO)
YES↓
何をする(会場を決める/日にちを決める)

行動

ここで「~だけど」や「でも~」が入ると次に進めず堂々巡りになっちゃうので、
無で第3者がYES/NOクイズをやるような気持ちで、
やりたいことだけを考えています。

不安なことがあれば、それをどうしたらいいか、
何か自分にできることがあるか、
あるいはスルーするか 笑

今回、頭の中を忙しく右往左往したのがバレエ店への電話
2020年1月のバレエコンサート妖精の世界へのチラシを置いてくださいってお願いの電話をするのに右往左往 笑

ヘタレすぎる!苦笑
電話するだけなのに、変な対応されたらどうしようとか
どこも置いてくれなかったらどうしようとか
ヘタレでネガティブ!苦笑

ここでYES/NOをして、自分を落ち着かせて電話をしました。

まぁ~みなさん優しいこと!!

ある店舗に至っては大きな本店さんなのに私の名前を憶えてくださってて
「全然、大丈夫ですよ~」っておっしゃってくださいました。
「こちらから他の店舗にもも送りますよ」っておっしゃってくださったり、
電話したバレエ店は全て快く引き受けてくださいました。

私はなにを悩んでだっけか?って思うほど。
やっぱりバレエ関係者は心も態度も妖精なんだな 笑
(ん、なんか自分の言葉が突き刺さる)

人の優しさにほっこりする金曜の朝でした(#^^#)

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
Share on email
Email

新着記事

【公演】クラシックバレエコンサート 妖精の世界へ レ・シルフィード上演

ミキバレエアカデミークラシックバレエコンサート

詳細はこちらから

コピーしないでください
Scroll to Top